Home Search Log Admin
宅重豊彦の掲示板

宅重豊彦の専用掲示板です。書き込みはできません。


  フィリピンで3Mix-MP法の指導者を募集
Date: 2016-02-28 (Sun)
・国   フィリピン 
・内容  マニラセントラル大学(MCU)は、教師5名+6年次学生
     15人のチームで歯科医療希薄地域の奉仕治療を行って
     いる。そこでの治療法指導、デモの実施など
・場所  メガ・マニラの北部地区、カルオカン、MCUのキャン
     パスにも近い所
・実施日 6月を予定(応募者と相談して決めます。)
・期間  飛来・帰国に1日ずつ、治療が2日間の計4日ほど
・旅費と宿泊費を学会が援助いたします。
 
フィリピン マニラセントラル大学(MCU)では、歯科医療希薄地域の小児を対象に公衆衛生的な奉仕治療を経年的に行う計画を持っています。今までは3Mix-MPの使用は従事歯科医に依存していて少数に留まっていましたが、今年から教師5名+6年次学生15人で校正されるチームとして、カリキュラムに取り入れて、また、毎年行うため、5年次の学生も次に備えて連れて行くことを想定しているようです。
 今年度の実施は6月位のようで、対象地域はメガ・マニラの北部地区、カルオカン、MCUのキャンパスにも近い所です。治療を指導、デモ、実施をしてくださる先生を募集させて頂きます。飛来・帰国に1日ずつ、治療が2日間とすれば、計4日ほどの旅行が必要となります。
 協力の意志のある先生方、ぜひ!ご応募下さい。

  2016年友の会の総会
Date: 2016-01-21 (Thu)
宅重の講演とした、例年3月にCDRG友の会の総会、8月に講演会を行っておりました。
今年は、健康上の理由で例年と同じスケジュールを組むことができません。
この度、いま精一杯できる範囲で講演を予定しましたのでお知らせします。
  ・友の会総会での講演と夏の講演会をあわせた形でおこなう。
  ・場所と会場  仙台市 戦災復興記念館
  ・日時     2016年6月5日(日) 10:00 〜 16:00
  ・テーマ    専門医試験の解説  症例解説
  ・参加費    無料
  ・参加資格   友の会会員
 その他の詳細、変更は、必要な時におしらせします。

  Skype症例検討会の参加確認
Date: 2015-12-01 (Tue)
先に、Skype症例検討会のアンケートを配布した際には、回答をくださりありがとうございました。
これまでSkype症例検討会の模様はUstreamで配信してまいりました。
実を言うと、Ustreamの使用にあたり、企業向け版を使っていますので、使用量が発生します。使用量と管理料を含め1ヶ月約2万円の経費がかかっていたのです。今年は、特定の人達からの寄付でまかなっておりましたが、来年からは参加者に負担していただくのが妥当と考えて、検討して参りました。
その結果、次のように決まりましたのでお知らせ致します。
 会費は、年額ですので、間違わないでください。
  
  実施要項

⒈ 隔週 木曜日 午後9時〜10時
         ・第2木曜日 と 第4木曜日
         ・2症例/1回

⒉参加費
         ・症例提示者 12,000 円 /年
         ・視聴のみ 10,000 円/年

    *症例検討会Ustreamへの入場「パスワード」は毎月変更されますので
     ご参加会員(症例提示・視聴のみ会員)には、その都度お知らせさせて
     頂きます。

     パスワードの秘密厳守よろしくお願い申し上げます。
⒊ 班分け
     ・ 5班 (6名/班) 参加者は約30名 (予定)

下記の内容につきまして、12月6日までに
「info@3mix-mp.com」までご返信よろしくお願いいたします。

*ご返信のない場合は不参加の意思表示とさせて頂きます。

・来年度もSkype症例検討会に (a)
  a. 症例提出・視聴に参加する
  b. 視聴のみ参加する
  c. 参加しない

      ご氏名:








  Skype症例検討会のアンケート
Date: 2015-11-15 (Sun)
はや11月も中旬になりました。
1年間、Skype症例検討会に参加された方々は、有意義だったでしょうか?それとも
1年が終わろうとしてして現在、ほっとしているでしょうか。
今年も、来年のSkype症例検討会を見直す時期になりました。今年の参加者にはメールでアンケートを配布しておりますので、今月23日前に回答を送ってください。

また、これまで症例提出の班に属していない人で、Skype症例検討会に参加を希望する友の会会員は、imfo@3mix-mp.com に申し出て下さい。

なお、同様の趣旨のお知らせはFacebookにも掲載しています。

参考までに、発送するアンケートを掲載しておきます。

  2016年度Skype症例検討会アンケート 
 現在、Skype症例検討会は毎週木曜日に実施され、その様子はライブで配信されております。
この事業の実施では、宅重先生と配信をマネージメントしている(有)FAX仙台に相当の負担をかけている状況です。
Skype症例検討会を継続して行くには、これらの負担の解消が必要です。宅重先生には解説者として毎週参加を強い、Ustream配信には経費がかかっておりFAX仙台の便宜を受けています。
 以上の事から来年度のSkype症例検討会の実施要領を変えようと考え、既参加者の意志を伺うべく、アンケートを配りますので期日までに返信をお願いします。

  来年度よりSkype症例検討会への参加者は有料にする、という
          前提で質問致します。

 1. 来年度もSkype症例検討会に
  a. 症例提出・視聴に参加する
  b. 視聴のみ参加する
  c. 参加しない

2.年会費の適当と思われる金額の上限は?
  a. 症例提出・視聴参加会員 ¥
  b. 視聴のみ参加会員    ¥
  c. わからない

* 回答は、1−a  2-d (具体的金額)  の型で回答して下さい。
* info@3mix-mp.comに11月23日までにご返信下さい。
なお、期日までにご返信のない場合、来年度は不参加の意思表示とさせて頂きます。

        氏名:            





  LSTR療法学会執行部の陣容
Date: 2015-03-10 (Tue)
3月になり、今年度が終わります。4月からは新年度がはじまり、当学会も新しい執行体勢での活動となります。
これまで理事を務めてくださった方々にお礼を申し上げます。
戸高勝之   
畑岡 拓   
阿部浩生  
貝出泰範  
大河原泰雄
九鬼武良   
豊島敦哉

新しい陣容は、
会 長   星野悦郎
副会長  宅重豊彦
専務理事  安藤正明    
理 事   大河原泰雄  
 になります(内定)。

  Skype症例検討会
Date: 2015-01-04 (Sun)
Skype症例検討会への参加者を募集しています。
これは、文字通りメンバーが順番制で症例をプレゼンし、それについてグループ内で討論するものです。メンバーの住んでいる地域がばらばらで集まることができないため、
検討会はインターネット上のWEB会議の形でおこないます。従って、自宅に居て、検討会に参加できるわけです。
Skype症例検討会が始まって、6年経ちますが誰も辞めていません。これだけでも症例検討会が有効な勉強の場になっていることが伺えます。
希望者は、info@3mix-mp.com までメールを送ってください。
すでに、Face bookにも同様の案内がありますので、締切は1月12日とします。

  2014年度認定医の認定
Date: 2014-11-30 (Sun)
さる11月23日総合フォローアップセミナーがおこなわれ、32名が受講しました。
このセミナーは、3Mix-MP法の基本ができているかを共にチェックする場であり、基本技能を会得していると認められれば「認定医」の資格を得られることになっています。
但し、本人が認定医としての心得に同意して、申請書を挺出しなければなりません。
 現在確認作業が続いていますので、本日、認定医となった人の名をここに記載することができません。もうしばらくお待ち下さい。
尚、昨年認定医となった方には、2015年も認定医を希望するか案内をだしています。まだ、12名ほどから返事がきていませんので、該当者は速やかに返事をください。期限が過ぎても返事がない場合は、更新しないと受け取りますので、ご了承下さい。

  2014年専門医・認定医
Date: 2014-11-30 (Sun)
今年の専門医試験受験者は、実技試験に4名、筆記試験に6名でした。実技試験問題は調剤。筆記試験は、基礎問題と臨床問題でした。基礎問題は、前日に星野先生の「傾向と対策講義」がありましたので、例年より好結果でした。臨床問題は、症例分析4題で主にSkype症例検討会で提示された症例をアレンジして問題としました。筆記試験は、基礎問題、臨床問題のそれぞれが合格点に達しなければ、筆記合格にはなりません。
 実技試験結果:受験者全員が75点以上でしたので、全員合格となりました。
 筆記試験結果:千葉の阿部先生が、合格です。症例挺出をして専門医の資格を
        とってください。
        阿部先生を除いた5名の受験者は、合格点に達しませんでした。
        特に、臨床問題にでは4割にも達しませんでした。
        従来法の機械的な治療法を引きずっていて、病巣無菌化組織修復療
        法の概念の理解が十分でないようです。

  専門医試験の実技
Date: 2014-10-17 (Fri)
9月の総会の翌日、専門医試験が行われ、実技試験と筆記試験が行われました。
実技試験の結果がでましたので、発表します。

受験者は、全員合格しました。
筆記試験は、基礎問題と臨床問題のそれぞれ合格点にたっしないと合格になりません。
ただいま、採点中です。     

  友の会会員更新
Date: 2014-03-08 (Sat)
友の会の会員更新の時期ですが,次のような物が来ていて困っています.
更新手続きの振込取扱票なんですが・・・
金額:6000円
住所:仙台市泉区虹の丘3-**-**
名前:CDRG
宛先:CDRG友の会
取扱店:新宿店
取扱年月日:平成26年3月4日
だれか心当たりの人はいませんか?

  会員更新
Date: 2014-01-09 (Thu)
CDRG.友の会 会員各位

* **CDRG.友の会 会員更新のご案内***
CDRG.友の会会員の有効期限は3月末をもって終了となり、4月1日より新年度が始まります。
就きましては、お手数ですが会員更新をお願い申し上げます。
年度途中で追加ご請求が多々ありました。故に、今年度も下記の要項で実施いたします.
     
支払い方法;ゆうちょ銀行の窓口にある青色の払込取扱票を使用して、CDRG友の会の口座に
      所定の金額を振り込んで下さい。振込手数料は,各自負担です.
  
NO. 内容 単価(円)    個数 合計額(円)
@ CDRG.友の会年会費  6,000
A 処理液A  1,000 (最大限度数:5)
B 処理液B  1,000 (最大限度数:5)
C MP  1,000 (最大限度数:5)
D DVD(薬の作り方)  5,000
E DVD(治療編:Savepulp療法) 10,000
F DVD(治療編:NIET) 10,000
G DVD(治療編:Save難症例) 10,000
H セラミックティッシュトリマー 5,000
I LSTR療法学会学会誌(11th) 1,000
                
・ 年会費は6,000円で、処理液A・MP各1本が含まれています。
・ LSTR療法学会学会誌(11th)は本年度のLSTR療法学会会員に郵送済です.
・ 追加の処理液A・処理液B,MP,の注文本数は5本を限度とします。 
※ 年度途中での追加注文は,割高で,時間がかかりますのでご注意下さい.
CDRG.友の会の口座以外への振込,処理液の追加注文限度本数を無視した振込,
合計金額が合わない振込を行った場合,CDRG.友の会事務局の裁量に任せてもらいます。
会費振り込み時に払込取扱票の通信欄に、年間の必要本数を考慮して追加内容を明記して下さい。
尚,締め切りは,規約上1月末日となっていますが事務手続きの遅れから2月末日とします。

会費振込み先 ゆうちょ銀行仙台支店  口座番号はセキュリティ上の懸念で明記しません。分からない人は、事務局までMailで問い合わせて下さい。
        加入者名:CDRG友の会

* **CDRG.友の会総会及び講習会のご案内***
日時:2014年3月2日(日) 9:30〜16:30
場所:東京両国 KFCホール 101号室,102号室
参加費:無料
(*)参加に関するご連絡は不要です.当日受付でCDRG.友の会会員証を提示して下さい.

  専門医試験結果
Date: 2013-12-08 (Sun)
2013年のLSTR療法学会の翌日に行った専門医試験の結果を発表します.
実技試験は,受験者全員が合格です.
      合格者への通知は,本誌面にて行いましたので,個別に通知しません.
筆記試験は,1名のみ合格しました.
      合格者には既に通知しております.

なお,今年から新設した「認定医」については,細則を定め,それに基づいて運用することを既に通知し,認定医資格者から承認を得ています.
認定医は,実習セミナー基礎T,基礎U,フォローアップセミナーT,を受講し,
総合フォローアップセミナーで,3Mix-MP法の基礎技術を習得したと認められた人に与えられるものです.今年は約90%の合格率でした.

  堀田クリニック歯科室の見学
Date: 2013-12-08 (Sun)
2013年の学会の際,堀田先生の発言に「堀田クリニック歯科室の見学をどうぞ!」とありました.その準備が整いましたので受け入れます.
見学希望者は,友の会事務局へ申し込んで下さい.
見学条件:物見遊山はお断り.
     水曜日と金曜日の9時半から17時まで,しか見学できません.
     一日一名
     患者さんにとって迷惑な場合は,見学できません.

  CDRG友の会総会 等 への参加呼びかけ
Date: 2012-12-28 (Fri)
CDRG友の会が設立され十余年になります.
当初,連絡はすべてインターネットのつもりでしたが,100名足らずの会員でメールをやっていたのは10名ほどであったこと,業務が拡大したこと等があり,断念した経緯があります.
最近になって,インターンネットの通信が多様化し,便利なシステムが出来てきました.当会でも,FacebookやSkypeを使い,文章ばかりか画像,動画,会話ができるのできめ細かい症例検討や情報交換ができるようになりました.
こうした手段を利用することで,会員は多くの情報を得られ,事務局は仕事量が減り,経費は削減されることがわかりました.
3月3日の総会では,事務連絡・症例検討・情報伝達の方法に関し実例をしいめし説明します.症例検討のひとつ「宅重動画」を解説し臨床技術の習得に動画が有益なことを示します.要求があれば,会員の持参した「困った症例」の考え方をしめし,治療方針を提示します.以上のプログラムで総会を行います.
  日時:平成25年3月3日(日)9時半〜16時
  場所;両国KFCホール
  参加資格;CDRG友の会会員
  参加申込;不要(会員なら参加権利・義務があります.但し会場は150名
          がMaxなので満員で入れない場合ご容赦ください.)
  参加費; 無料

  9月の学会
Date: 2012-07-09 (Mon)
今年もLSTR療法学会がもうすぐの時期になりました.
すでにFacebookで演題募集をしていますが,本サイトに改めて募集要項を書きます.
LSTR療法に関するテーマでオリジナルの症例報告,臨床成績,基礎研究の発表を募集します.
発表は,8分.スライドプロジェクター1器,
発表抄録は定形がありますので,Facebookの当サイトからダウンロードするか,事務局に要求すればメールで送ります.締切は7月末日です.

  先日郵送したMP
Date: 2012-03-27 (Tue)
来年度の会員更新をした人に,共同購入の処理液AとMPを郵送しました.
たいへん申し訳ありませんが,その中でMPの稠度お足りないものがあることがわかりました.色は何ともないのですが,水のような粘調度のものがあり,確かめないと気づかないように思えます.
直ぐにでもMPの粘調度を調べて,クリーム状でないものは交換しますのでご連絡ください.

  雑談会
Date: 2012-03-12 (Mon)
3.11東日本震災から丁度1年になります.3月というのに,1年前と同じく寒い日が続いています.私ものどをやられ(いつもの事ですが)咳が止まらず,ついに喘息の薬を使用しています.会員の皆様も,インフルエンザが収束したとはいえ,乾燥して寒い時期は鼻,喉のためにマスクを離さないで下さい.
 さて,3月25日の「雑談会」も着々と準備が進んでいます.すでに定員をうわまわりましたので,これから申込みをしようと考えている方は,オブザーバーとして見学する席しかありませんのでご了承下さい.
当日はどういう話の展開になるか分かりませんが,症例の診断方法として,有効な検査のやり方,症状の分析の仕方,X線写真の読み方などを提供するつもりです.

  雑談という診断の勉強会
Date: 2012-01-26 (Thu)
3Mix-MP法では,従来法なら抜髄,あるいは抜歯される歯を救済するところに,大きな意義を見いだすことができます.いわば「危篤状態の歯を助ける」わけです.だから,従来法が手に負えない症例を治療できるのだが,3Mix-MP法だから薬を用いれば容易に好結果を得られるわけではない.適確なぎりぎりの診断と治療手技が必須である.
しかしんがら,安易に抜髄・抜歯をしていた従来法にぎりぎりの診断などない.
3Mix-MP法を学ぶには,理論に裏打ちされた診断学を極めなければ,真に3Mix-MP法を有効にし使用することはできない・
3月25日に企画されている雑談会は,供された症例を皆でわいわいがやがや言い合って,その中から診断法の確立を目指すものと位置づけている.
正しい診断=疾患の原因をしる,原因を取り除く治療で治る.これができれば,
難症例で苦労することもなければ,無理な治療をして窮することもなくなる.
講演にも無く,教科書にも書いていない,講義にもない内容です.3Mix-MP法が圧倒的に高い臨床成績を残している理由はここにあります.

既に20名の申込がきています.残りの席は5つだけです.
3Mix-MP法で患者さんを救いたいと,強く思っている人は是非参加してはいかがでしょう.



  3月25日東京で集会
Date: 2012-01-06 (Fri)
 3月25日,東京で基礎セミナーを予定していましたが,5月に延期になりましたので.せっかく予約できた会場ですので,キャンセルするのはもったいないと思い,急遽なんかやろうと思い立ちました.
そこで考えついたのが,CDRG.が2週間に1度行っているテレビ会議方式の症例座談会です.
CDRG.では,パソコン上でSKYPEというソフトを使って,症例検討会をおこなっています.こんな形で症例検討会ができたら,きっと理解が深まるのでわないだろうか,とういうわけです.
講演会では言えない,フリートークだからつい言ってしまうということがあります.
机上の学問より「耳学問」といいます.
そんな場を考えています.
詳細が決まりましたら,またお知らせします.
参加してみようとお考えの会員は,3月25日空けといて下さい,定員は25〜30名と
考えています.

  年頭にあたり
Date: 2012-01-04 (Wed)
2011年3月11日の東日本大震災の爪痕の大半が未だに回復していないのに,明けましておめでとう,は無い気持ちです.しかし,落ち込んでいても何も解決しません.こんあ時だからこそ,例年以上に前向きな意思を抱いて,おめでとう,と言うことが大切だと思って居ます.震災直後には多くの会員諸氏,患者さんから支援を頂きありがとうございました.年賀状も沢山いただき感謝しております(私は,十数年来年賀状を出していませんので,私の例年どおり欠礼させて頂きます.)
 さて,念頭にあたり,今年の目標をたてました.
その1:3Mix-MP法を行う歯科医院の数を増やすことより,既に取り組んでいる
    会員のレベルをあげる.
    その為に,フォローアップセミナーを充実させる.
    フォローアップセミナー受講者の多くの人が「自分が今までやっていた
    3Mix-MP法が厳密ではなかった」「曖昧だった点が明確になった」と感想
    を述べている.フォローアップセミナーは基礎セミナーの単なる復習では
    ありません.
その2:3Mix-MP法の治療を希望する患者さんが安心して受診できる「専門医」を
    養成する.
    その為に,LSTR療法学会会員,友の会会員との会話の場を構築する.
    例えば,既に実行しているSkypeを全国的なレベルにすること,メール
    マガジンの発行などを実現したい.
その3:広義の3Mix-MP法(宅重療法)と医科と連携することで,難しい病気の
    治癒に貢献したい.
    具体的には,腎臓病の病院と連携し,透析回避の診療に取り組む.
その4:これまで3Mix-MPの操作,咬合,自家移植・再植術を提供してきた.
    個々に有効な治療法であるが,これらを統合すると歯周病治療につながる.
    すでに症例を供覧しているので,その治療効果を知っていると思う.
    今年は慢性歯周病治療の解禁とし,セミナーを予定している.
    <マスターズコースの開催>
      ・ゴールデンウィーク後半の2〜3日間
      ・定員14名以内(希望者が多い場合は,選抜になります.)
      ・場所は,仙台市のタクシゲ歯科医院
     希望者は,info@3mix-mp.com にメールで申し込んで下さい.
    (註:あくまで予定です.北海道太平洋側,静岡ー東海ー四国3連動地震が
       いつ起きてもおかしくない状況ですので・・・)      
    

- SunBoard -